顔・首のしわ 原因と対策 改善策と治療 >  ほうれい線(法令線)
     

ほうれい線(法令線・豊齢線)対策しよう




ほうれい線とは?

ほうれい(法令・豊齢)線とは子鼻の横から口角に向かって入る
八の字のしわのことで、医学用語では鼻唇溝といいます。

このほうれい線、老化の象徴や老け顔の原因って思いますけど本当は違うのです。

赤ちゃんや幼い子供にもほうれい線ってありますよね?
だから、ほうれい線自体が老け顔の原因ではないのです。

では何故ほうれい線があると老けて見えると言われるのか?

それはほうれい線が年を重ねるごとにくっきり深く
刻まれてしまっているからです。

年齢を重ねると、重力や筋肉の緩みにより顔の脂肪を支えきれなくなります。
だんだん顔の脂肪がたるみ下に垂れ下がります。
そうなるとほうれい線が深くなってしまいます。

ほうれい線が深くなると人に顔を見られるのが嫌になりますよね?
ファンデーションが溜まってしまいますし印象は悪いです。

以下にほうれい線の対策をいくつか挙げました。
ほうれい線を目立たなくしていきましょう!



ほうれい線対策の方法

表情筋の衰えに対抗するため表情筋を鍛え、たるみを防ぐ対策をし、
保湿をし、睡眠・食生活に気をつけましょう。

* 紫外線

紫外線は肌内部の組織の衰えの原因になります。
紫外線対策をしっかりしましょう!

肌の老化が進行してしわだけでなく皮膚のたるみの原因にもなってしまいます。

→ 紫外線対策

* マッサージ

頬全体を引き上げるようマッサージしましょう!
マッサージにより新陳代謝もよくなり血行がよくなります。
強くこするとしわの原因になりますので必ずオイルかクリームなどを
使用してマッサージしてください。


* 表情筋体操

表情筋を鍛えて頬が垂れ下がるのを防止しましょう。

1.口を横に広げた笑顔をつくります。
2.口は閉じたまま口角を横いっぱいに広げ5秒キープ。
3.これを5回繰り返します。


* 保湿

ヒアルロン酸などの保湿成分の入った化粧水・美容液でのスキンケアや
コラーゲンを摂取するなどの保湿ケアをしましょう。


* プチ整形

→ ヒアルロン酸注入
→ コラーゲン注入
→ アクアミド注入




                                  ▲ほうれい線(法令線・豊齢線)対策のトップに戻る