肌の乾燥はしわの原因です


外からの刺激に抵抗する力が衰えてしまうために肌の乾燥は
しわの大きな原因になってしまいます。

日々生活している中でも、様々な原因で乾燥は引き起こされます。



乾燥の原因

・ 老化により角質が厚くなり水分を表面から吸収しにくくなり乾燥します。
・ 目の周りは特に皮膚が薄く乾燥しやすくなっています。
・ 室内環境による乾燥(暖房器具など)
・ 間違った洗顔・クレンジング方法による乾燥
  → 正しい洗顔方法
  → 正しいクレンジング方法
・ 粗悪なスキンケア商品を使うことにより必要な皮脂まで奪ってしまう。
・ 加齢による皮脂分泌の減少。



なぜ乾燥はダメなの?

乾燥してしまった肌は角質層の表面が乾いてしまい剥がれやすくなり
その後ひび割れてしまいます。

このひび割れた隙間から水分や保湿成分が出て行ってしまいます。
その為、水分が失われた肌は薄く硬くなってしまい弾力がなくなりしわになっていきます。

これを放っておくと小じわが深いしわになっていきます。



乾燥対策-スキンケア

乾燥を防ぐために化粧水・美容液・乳液・クリーム・オイルなどで
あなたの肌をケアしましょう。

適度な水分や油分を与えてあげ、乾いて硬くなってしまった角質を柔らかくしましょう。

* 化粧水
洗顔後、乾燥する前にたっぷりとつけましょう。
コットンに染み込ませてっ軽くパッティングしてください。
コットンを使ったほうが浸透しやすいようです。
最後に、手のひらで顔を包むようにして浸透させます。
乾燥がひどい場合はもう一度ローションをコットンにとり、
お肌になじませるように再びパッティングしてください。

* 美容液
化粧水でお肌を整えた後に美容液を塗ります。
やさしくマッサージするように馴染ませていきます。
力を入れてゴシゴシ強く塗り付けないでください。

* クリーム
肌から水分が奪われないよう寝る前など保湿のためのクリーム
をたっぷりつけ肌に水分を与えてあげてください。



乾燥対策-室内環境

冬は暖房、夏は冷房とあなたの肌はダメージを受けやすくなっています。
特に冬の暖房器具による乾燥はしわの大敵です。

加湿器を併用するなど室内の湿度を保つようにしましょう。



加齢による乾燥対策

20代後半頃からだんだん肌が乾燥しがちになります。
それは、肌をみずみずしく保つためにある体内の保湿成分が減少していってしまうからです。
水分を保持するための細胞間脂質やNMFです。

これらの成分が配合されている化粧品があります。

* 細胞間脂質
細胞と細胞の間をうめるための脂質で細胞を剥がれにくくする
接着剤のような働きをします。水分が逃げ出すのを防ぐ役割があります。
減少すると肌の潤いが保たれなくなります。
セラミドなどが細胞間脂質のひとつです。

* セラミド
細胞間脂質のひとつで皮膚の保湿機能の改善や水分の蒸発、
外部からの刺激(乾燥やほこりなど)や細菌の進入を防ぐ働きがあります。
メラニンの合成を抑えてしみやしわを防ぐと言われています。

* NMF(天然保湿因子) 
Natural Moisturizing Factorの略。
角質層の中にある天然の保湿因子で、水分を保持し逃がさない成分です。
主に、アミノ酸、乳酸、尿素、クエン酸塩などで構成されています。
いずれも肌の潤いを保つために必要な成分です。


                                               ▲肌の乾燥のトップに戻る