紫外線対策でしわを予防


紫外線は肌にダメージを与えてしわの原因になります。


紫外線とは?

紫外線は、地表に届く太陽光線のなかで波長が短く
強力なエネルギーを持っている光です。

紫外線の波長は約200nm~400nm 【nm(ナノメートル)=10億分の1m】

紫外線には波長の違いでUV-A、UV-B、UV-Cと3種類あります。

そのうちUV-Cは波長が一番短く最も強い殺菌作用があるので
皮膚癌などを引き起こしますがオゾン層で吸収されるので地上に届きません。



しわの原因

UV-Aは大気圏で吸収されず、地上に到達します。
あなたの皮膚の真皮層にまで届いて肌のハリや潤いを保っていた成分である
コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

肌の老化が進行してしわだけでなく
皮膚のたるみの原因にもなってしまいます。

またヒアルロン酸をも壊してしまい肌を乾燥させてしまいます。
乾燥もまたしわの原因になります。



紫外線(UV)対策

紫外線対策をしっかりしてしわの原因をシャットアウトしましょう。

* 紫外線に当たらない事が1番

帽子や日傘を使いましょう。
黒色のものは熱を吸収してしまいますので光を反射する
白色のものが良いでしょう。
最近はUV対策を施した素材の帽子・日傘などが販売されています。

* 日焼け止め(サンスクリーン)を塗る

こちらもたくさんの種類が販売されておりますので、
自分の用途にあったものを探して使用しましょう。

* 日焼け後のケア

まずは、冷たいタオルや流水で火照った肌を冷やしてください。
すぐに日焼け後のケア化粧品などを塗らなくても大丈夫です。

* その他

食事やサプリメントなどでビタミンCを摂取したり
睡眠を良くとるようにしましょう。


                                                  ▲紫外線のトップに戻る


→ コラーゲン
→ ヒアルロン酸