顔・首のしわ 原因と対策 改善策と治療 >  ケミカルピーリング
     

ケミカルピーリングで小じわ改善



ケミカルピーリングとは?


ピーリングとは英語ではがすという意味をもちます。
皮膚表面の古い角質をはがして新しい肌が生まれるのを助け、
健康な美しい肌を取り戻す方法です。

元は、ケロイド体質でない方が、軽いヤケドが治った痕の、
皮膚が若返る事から発見されました。

でも、ピーリングで使用する薬剤はヤケドになる程強いものではなく、
角質層をはがす程度のもの。
角質を除く事で、皮膚の再生=ターンオーバーを早めめます。



ケミカルピーリングの効果


滞りがちなターンオーバーの改善にもつながるので、
発生中の炎症性のにきびだけでなく、にきびの痕の瘢痕などにも効果があります。

その他、毛穴の黒ずみ、しみ、クスミ、小じわ、色素沈着などへの効果が期待されています。


* 体験談 (30代・軽度のケロイド体質・普通の肌強度・脂性肌)

出来ている吹き出物が数日後、無くなった。
吹き出物の一部は、慢性のものであったが。毛穴の黒ずみがかなり減り、シミもかなり薄くなった。
毛穴が見えるほどだった部分が、よく見ないとわからなくなった。
ケミカルピーリングの薬剤で炎症を起こした部分もあったが、
ケロイドにはならなかったし、すぐ治った。
肌のキメが整い、手触りがツルツルになった。肌のべたつきが、無くなった。



ケミカルピーリング治療の手順、施術時間、ケア


● 表皮のみに作用するケミカルピーリング(AHA、BHA)

* 施術手順 

1.洗顔、化粧をよく落とします。
2.医師、看護師の指導の元、薬剤を顔に塗布。
3.中和剤が塗られます。
4.よく洗顔します。
5.アフターケア(冷却など)

* 施術時間

クリニックでのピーリングの所要時間は、およそ30分から1時間。
施術後は化粧できるが、必ず日焼け止めを塗布。

施術過程治療期間は1~2週に1回を、5~6回続けての継続治療なので3ヶ月程度。


● 真皮層まで作用するケミカルピーリング(TCA)

AHAやBHAに比べピーリング効果が高い分、副作用もあって
現在日本では専門の知識と技術をもつ施設でのみ行われる。
このTCAは正しい使用により表皮だけでなく真皮にも作用するもので、
滞りがちなターンオーバーの改善にもつながる。

また、発生中の炎症性のにきびだけでなく、にきびの痕の瘢痕などにも効果がある。

この方法は術後すぐに化粧はできず、ダウンタイムが必要な治療。
通常のケミカルピーリングを繰り返していて、改善傾向がみられない場合において
施術をすすめる場合が多い。

*このような方は治療をおやめください
皮膚炎、ヘルペス結膜炎、鼻炎剃毛、除毛、脱毛などにより
皮膚に傷のある方やステロイドの長期間投与者

* 治療の手順

1.レチノイン酸とハイドロキノンが配合されたTHクリームを
  6週間使用します。(色素沈着の起こしにくい肌状態にするためです。)
2.TCAを均一に塗布。

溶剤が肌に浸透するまでかなりピリピリとした熱感をもった痛みがあるが、すぐに引きます。
場合によって短時間の麻酔があります。


* 治療時間・期間

施術時間1時間くらい。
通常のケミカルピーリングのように、一気に連続して行なう事はありません。
様子を見ながら、施術を決めます。


* 術後のケア

その後炎症を押さえる内服、術後3日目からは皮膚が剥け出しはじめて
1週間で新しい皮膚が出現します。

この時期に紫外線にあたると色素沈着になるため、
UVケアを徹底してください.。無理に皮膚をはがしてもいけませんよ!



ケミカルピーリングの料金


1回 5,250円と格安な関西医科大学から、初回8,400円2回目以降5,250円や、
顔1回9,450円6回セット47,250円と言うところまで、まちまち。

技術差が現れにくい治療なので普通の肌強度の方は、
TCAを希望するのでなければ、安いところを探すといいでしょう。

* このような副作用が起こることもあります

オーバーピール表皮再生遅延紅斑の残存色素沈着瘢痕形成、
ケロイド単純ヘルペス光線過敏症状亢進。


                                         ▲ケミカルピーリングのトップに戻る